2020年2月24日(月) 11:50 JST

named: the working directory is not writable

  • 2009年8月24日(月) 00:25 JST
  • 投稿者:
    nonoz

いつのまにやら BINDを起動すると、エラーログに「the working directory is not writable」という文字が出るようになっていました。

みてみると namedの設定ファイルとかが置かれているディレクトリの所有者が namedでなく、rootに変わってました。それを直して named停止、named起動。

でもやっぱり同じエラーが出てきます。

あれ?? さっきなおしたはずの所有者がまた rootに戻っている。

よくよく試してみると、/etc/rc.d/namedを使って起動すると、勝手に所有者を変えてしまうようです。所有者を変えて、namedを手打ちで起動させるとエラー出ずに動きます。

そっか、これじゃぁ何度ディレクトリ所有者をchownとかしても無駄でしたね。

/etc/mtree/BIND.chroot.distの「/set type=dir uname=root gname=wheel mode=0755」をuname=bindへ修正すると、エラーが出なくなりましたし、ディレクトリ所有者もbindになりました。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://nzlab.nztype.net/trackback.php?id=20090824002551465
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。